様々なメリットについて知っておく


最近、テレビや雑誌などを騒がしている言葉のひとつに、「FX」というものがあります。FX初心者、もしくはバイナリーオプション 初心者にとって、FXというものがそもそも分からないという方も沢山いらっしゃると思います。

fxというのは、外国の通貨を取引することで利益を得ようという取引のことです。このFX、もちろんメリットがあるからこそ、たくさんの取引が行われており、テレビや雑誌でも話題となっています。では、そのメリットというのは何なのでしょうか。


gwerFXには様々なメリットが考えられますが、何といっても最大のメリットは「レバレッジ」でしょう。FXをやるためには、専門用語や横文字が多いので、一つ一つ説明をしていきます。レバレッジというのは、簡単に言うと「てこ」のことです。


皆さんは、てこの原理というのをご存知でしょうか。てこの原理には、力点、支点、作用点というものがあります。レバレッジの場合、力点は自分の手持ちの資金ということになります。


ここでは、100000円としましょう。そして支点というのが、レバレッジのことです。この場合は倍率で表示されております。ここでは10倍ということにしましょう。


そもそも、てこの原理というのは、少ない力で大きな力を生み出す原理のこと。力点の力が少なくても、作用点の力はその数倍になっているということで、重い荷物でも持ち上げられるのです。


レバレッジにおいても、そのことがいえます。100000円の力点を、10倍という支点でパワーアップさせると、100万円という作用点になります。つまり、手持ちの資金が100000円から100万円になるということです。もちろん、実際に100000円が100万円になったというわけではありません。


これはあくまでも、FXの中でのことです。しかし、資金が10倍になれば、儲けも10倍になるというのはFXの魅力。最初の資金が100000円だとして、取引で10パーセントの利益をあげたとしましょう。このとき、レバレッジをかけていない状態ですと、利益は10000円となります。


しかし、レバレッジを10倍かけておけば、利益も10倍になりますので、100000円になります。ただし、レバレッジには気をつけなければならない点もあります。まずは、利益も10倍であれば、損益も10倍になるということです。このためにレバレッジに左右されにくい短期型のハイローオーストラリアが逆に選ばれるという状況になっているのも事実です。


そのため、FX取引の場合には、他の取引以上に大きなプラスマイナスが出る可能性があるのです。また、FXを取り扱う会社によっては、レバレッジの倍率に制限をかけているところも。特に初心者には、2倍などの厳しい倍率にしているところもあります。XEMarketsは、海外業者ですので、レバレッジが888倍です。レバレッジの高い業者を選びたいというのであれば、言うまでもなく海外業者を選ぶことになります。


デイトレーダーは株取引やFX取引、先物取引などの取引を利用しています。

デイと言う名前が付いている通り、基本的には持越しせずにその日のうちに取引を完結させます。

持越しすると取引時間終了後に悪材料が出て翌朝に大きな窓を開けて取引スタートとなることがありました。
ポジションより逆方向に大きな窓を開けると損失も大きくなりかねないです。
FX取引でハイレバレッジをかけたポジションを保有しているとロスカット水準を大きく下回り、証拠金以上の損失が発生する可能性があります。
デイトレーダーはこのような持越しのリスクが無いと言うメリットがあります。

デイトレーダーには専業と兼業と2つに分かれます。
専業デイトレーダーは取引で得られた収入だけで暮らしている、兼業デイトレーダーは他に仕事を持っていると言う違いがあります。
専業デイトレーダーでは取引失敗が続くと収入が入らないです。
仕事を持っていないために給料で損失分をカバーすると言ったこともできないです。
兼業デイトレーダーでは取引失敗が続いても給料でカバーすることができます。
初心者からいきなり専業デイトレーダーではリスクが高いため、兼業デイトレーダーで成功し自信を付けてから専業デイトレーダーになると言うパターンが良く見られます。

デイトレーダーによってはスキャルピングと言う超短期で取引する手法を用いる場合があります。
取引を1日に何度も繰り返して、わずかな利益を積み上げていきます。
特にFX取引では最大25倍ものレバレッジがかけられるためにスキャルピングに向いています。
しかし小動き相場のときにスキャルピングを行うと、株取引や先物取引の場合は取引手数料が、FX取引ではスプレッドと呼ばれる手数料がかさんでしまい取引負けすることがあります。
スキャルピングでは一定以上の相場の動きが必要です。

デイトレーダーにより手法が異なるもののスキャルピングでは1分足と言った短い時間足のチャートを用いることが多いです。
そのチャートをモニターに表示させ、テクニカル分析を行いながら取引しています。
テクニカル指標にはトレンド系指標、オシレーター系指標と大まかに分けて2種類あります。
トレンド系指標は上昇相場なのか下落相場なのか分かり易いと言う特徴が、オシレーター系指標は相場の強弱が分かり易いと言う特徴があります。
トレンド系指標、オシレーター系指標と併用するデイトレーダーが良く見られます。

その代わりに1回あたりの取引時間が短くなるほどテクニカル指標のダマシに合いやすいです。
取引時間を長くするとダマシに合いにくくなりますが、今度は取引回数が少なくなります。
ダマシの合いにくさと取引回数とバランスの取れた手法を探していくと良いでしょう。