課税対象であるバイナリーオプションの収益


 

バイナリーオプションは投資取引になりますので、利益を上げることができた場合には、その利益に対して税金がかかり、納税をする必要があります。
もちろん、バイナリーオプションでの収益は、例えば会社員の給与のように源泉徴収をされていませんので、自らで確定申告を行う必要があります。

国内の取引業者のバイナリーオプションであげた収益は、一般的な給与や個人事業主の事業所得のような総合課税とは違い、不動産や株売却による所得と同じ物として扱われるために、申告分離課税のカテゴリーに入ります。

2012年に税制改革が行われ、以前は累進課税として利益が大きければ大きいほどにたくさんの税金を納める必要がありましたが、税制改革後は一律で約20%の税率が掛かり、大きな利益を上げてもその税率は変わらなくなったのです。
ちなみに、海外の取引業者のバイナリーオプションで利益を上げた場合には、税制改革前と同じ適用がされるために、総合課税の雑所得という扱いになり、その収益額の大きさにより最大50%の税率がかかります。

また、申告分離課税については3年間繰越控除というものが適用されています。これは過去3年間にさかのぼっての収益、損益の結果を考慮して、場合によっては納税を控除するという仕組みになり、特に投資取引を始めたばかりの初心者にとっては、大変うれしい制度と言えると思います。
例えば、バイナリーオプションを始めて1年目に、30万円の損失を出したとします。これは損益ですので、課税の対象にはならないのですが、損失があったことを申告しておきます。
2年目のバイナリーオプションで10万円の利益が出たとします。これは収益ですので、課税の対象になるのですが、1年目に30万円の損益を出していますので、これを考慮して税金が控除されます。
3年目では順調に20万円の利益を出すことができました。これも収益なので確定申告をしますが、1年目の損益がまだ残っていますので、この20万の収益に対しても3年間繰越控除が適用され、税金が控除されるのです。

この税制改革により、バイナリーオプションは初心者にもより安心して始められるようになりました。投資取引で利益を積み上げていくのは大変な事ですので、せっかくの利益はなるべくたくさん残しておきたいですし、万が一失敗したとしても、その先の利益が控除されるのであれば、再びゆっくりと安定を気付いていけばいいのです。

こうしたことから、バイナリーオプションで上げた収益、損益は確定申告をするようにして方がよいでしょう。万が一、申告を忘れてしまうと、より大きな追徴課税を取られる可能性もあります。
そうなると、せっかく積み上げた利益も一瞬でなくなってしまうこともあると思いますので、投資取引をする場合には、キチンと税金のことも考えていきましょう。