買値と売値のレート差


fsdfFX 初心者にとって、FX専門用語を理解するのは少々困難かもしれません。今回はスプレッドについて説明したいと思います。スプレッドとは買値と売値のレート差のことです。FXでは売値と買値に差があることが分かりますね。売り買いをする際、このスプレッドはいわば手数料のよう なもので、FX業者の大部分の利益はこのスプレッドです。スプレッドが狭くなるということはFX業者の利益が少なるなるということを意味します。(スプレッドの狭い業者として覚えているのがバイナリー88です。この業者は信頼性が高く、私自身よく利用しています。)


しかしスプレッドが狭くなるということは顧客にとってはコスト減となり取引しやすくなることですので、FX業者にとっても新規顧客を増やしたり、取引額回数・額を増やすことができます。


ですので、スプレッドが狭い業者は利益が少なく財務状況の悪いと必ずしも言えません。 オンライン取引が登場した頃はスプレッドはドル円の場合で5ポイントというのが通例でした。


その他別途手数料が必要でしたので、1万ドルの取引につきコスト総額は最低でも1,500円が必要でした。当時銀行での取引にコストが2万円かかっていたことを考慮すると、破格だったのでしょうが、現在は別途手数料は不要という業者がほとんどです。


かつスプレッドに関してもクリック証券のような「一銭未満」というのを売りにしている業者が登場してきており、取引コストは随分低くなってきました。デイトレードのように多額の取引を何度も行うような方には、スプレッドのようなコストは低いほど有利と言えます。


初心者や取引頻度が少ない方にはスプレッドが3銭程度ならコストを気にする必要はないでしょう。スプレッド以外の手数料無料は今となっては当然のことです。 運用実績を上げるにはまずコスト削減を簡単に運用実績を上げるには、まず取引にかかるコストを削減することです。


今時、手数料を徴収しているような業者は少ないくらいですが、もし利用中の業者に手数料を支払っているようなことがあれば、業者を変更することをおすすめします。手数料が不要になるだけで運用実績は確実によくなるからです。


手数料とは別にスプレッドもコストとなります。


スプレッドは業者によって様々で0銭から5銭まで幅があります。自分の条件に合う業者候補の中からスプレッドが狭い業者を選定することで運用実績を上げることができますね。


ただし、コストを下げただけであり、自分の取引能力が上がり勝利をおさめているわけではありませんので勘違いしないようにしましょう。